道路交通法

道路交通法に強い法律事務所
デュッセルドルフ:
ペータース法律事務所

日常的に道路を通行する場合、全てのリスクを回避することは困難で
あり、突如として事故等に巻き込まれる危険性があることは周知の
事実です。当事務所の交通法分野での法律相談では、クライアントの
モビリティや移動の自由を保護し、交通法に関連して生じる経済的
不利益からクライアントを保護いたします。ドイツ道路交通法がカバー
する領域は非常に多岐に渡り、公法と私法の領域から構成されます。
当事務所の弁護士はこれらの領域に精通しています。交通事故、
反則金、過料、免許停止処分を含む道路交通法違反に関連した案件
について品質が高く、迅速で高度な法的アドバイスを提供いたします。
さらに当事務所の法律相談は、損害賠償、契約上の争い、秩序罰や
刑法を含む道路交通法のあらゆる関連領域もカバーします。経済法に
重点を置く法律事務所としても、カーフリート・マネジメントに
関する全ての法的問題について企業を代理いたします。

代理 過料処分手続

しばしば道路交通法は道路交通に関連した秩序罰と理解されます。したがって、当
事務所は主に反則金や過料額のカタログ、過料手続、行政処分通知書、異議申し立
てに取り組みますが、例外的に送検され公判が開かれる場合はこれにも対応いたし
ます。当事務所は運転適性記録や点数システム、免停処分や運転記録義務について
熟知しております。また、道路交通法に関した秩序罰の時効の成立する期間や過料
や免停処分を回避する方法について精通しております。
ドイツで年間約50万件といわれる過料処分の大半はスピード違反によるものです。
速度違反自動取締装置による撮影が適切であったか、どの程度まで証拠として採用
できるのか、さらに自動取締装置の設置が適法であったか、といった問題について
助言いたします。これによって、多くの事例で過料の大幅な減額やその執行を完全
に回避することに成功しています。

運転免許取消処分: 処分手続のすべての
局面での法律相談

スピード違反が運転適性記録に登録され、場合によって免許停止処分や免許取消処分が
科されることは少なくありません。2014年5月の点数制度の改正によって最大点数は18点へと減少しました。点数が8点以上となると、免許が少なくとも6か月停止します。
ここで注意すべきは、免許停止期間の経過後直ちに運転免許証の返還されるわけでは
なく、運転免許センターに再交付の申請をしなければならない点です。運転免許センターは、すべての免許交付の条件が満たされているか、医療心理テスト(MPU)に合格しているか
判断します。当事務所弁護士は当然あらゆる手続きについて法律相談を提供し、
医療心理テストの実施に際して法律の専門知識をもってサポートいたします。
重要なことは、運転能力について自ら専門家の鑑定を依頼することです。これに関して
基準はありませんが、前提とされているのは認証された専門家の鑑定であるということ
です。医療心理テストに一度で合格できるよう、十分に準備されることをお勧めいたし
ます。連邦道路研究所(BASt)の調査によると、早期に情報収集し専門家の助言を受けた
場合、80%以上が一度で医療心理テストに合格しています。

道路交通法と刑法 相互に関連する法領域

飲酒運転も免許取消処分や医療心理テストの対象となります。当事務所はこれに関した
重要な法律問題についてアドバイスします。どのような条件を満たせばアルコール呼気
検査が適法で、その結果を証拠として使用できるのか。血液検査を行えるのはどのよう
な場合か。これら検査が実施できるのは飲酒運転の場合のみか、それともその他薬物等
を摂取して運転した場合も含むのか。当事務所はこれらアルコールや薬物違反の案件で
クライアントを保護し、道路交通法に関連して刑事事件となった場合においても弁護を
引き受けます。運転中のハンズフリー通話の禁止に違反した場合も対応いたします。
深刻な犯罪行為であるひき逃げや当て逃げ事件にも法律相談を提供いたします。この
場合、刑事訴追のみならず保険法上の帰結や運転手に発生する費用も問題になります。刑法第142条によれば、ひき逃げや当て逃げは罰金又は三年以下の拘禁となります。
さらに2点から3点の加算、最大3か月の免許停止や免許取消となる場合があります。
量刑は損害の額に依存します。

専門家を介した損害 事案の解決
保険・損害賠償法

当事務所の道路交通法部門は道路交通法だけでなく、関係する保険法にも重点を置いて
います。交通事故の処理や保険会社とのコミュニケーション、損害賠償や慰謝料の請求、
評価損や鑑定書、損壊した車を使用できないことから生じる損害等、これら損害賠償の
民事での請求や秩序罰違反の際の防御も当事務所の専門分野に属します。

損害が生じた場合、その損害が私的な利用に際して生じたものか、業務上発生したもの
かにかかわらず、プロフェッショナルな問題の解明や事件処理が求められます。当事務
所は保険法・損害賠償法の専門知識をもって損害が発生した事案のすべての段階で
サポートし、経済的リスクを削減します。保険会社や相手方とのコミュニケーションを
引き受け、請求権の行使や防御を支援いたします。

クライアントが交通事故の被害者である場合、当事務所は無料で委任事務を引き受ける
ことができます。被害者に過失が認められない場合、相手方の賠償責任保険が被害者の
弁護士費用も負担しなければなりません。したがって、包括的に請求権を行使するため、
またはその他経済的損失を防ぐために、このように費用の掛からない弁護士の支援を
依頼すべきです。

労働法に関する争いを収束させる必要がありますか。
会社への法的アドバイスをご希望ですか。

ペータース法律事務所が適格に支援いたします。

© 2020 PETERS Rechtsanwälte Partnerschaftsgesellschaft mbB | IMPRESSUM | DATENSCHUTZ | ERSTELLT VON RP DIGITAL SOLUTIONS

Scroll to Top