相続法・家族法

相続法・家族法 ペータース法律事務所

私生活の重要な部分を占める法領域の法律相談を提供することは、当事務所の
大きな責務の一つです。当事務所は相続法・家族法に精通しており、豊富な
経験と高度な専門知識を有する弁護士が財産保護、財産の承継、婚姻、離婚に
関した案件について法的側面のみならず、税務及び戦略的観点から最適な
解決策を提案いたします。
ドイツ憲法にあたる「基本法」は相続権を保障し、家族を特別に保護していま
す。この法領域で長期にわたって法律相談を提供することは、経済法専門の
ペータース法律事務所にとっても特別な意味を持ち、また非常に重要であると
確信しています。この際、特に財産承継のデザインや確保が法律相談の中心に
なります。クライアントと協議し、それぞれの事情や家族に適合する個々の戦略を
立案し、法的に可能な範囲で個々のクライアントやクライアントのご家族の状況に
沿うように実行します。当事務所の業務は相続契約や贈与契約、遺言の作成から
大きな資産の承継及びその確保についての全体的なコンサルティングに至ります。

遺言: どの形式が適切か。

相続法・財産承継の専門家として、当然のことながら適切な遺言の形式
についてもご相談を承ります。パートナーや夫婦間では、残された
パートナーや配偶者の財産の確保のために共同の遺言書を作成すること
ができます。この「ベルリン方式」とも呼ばれる遺言書は共同の遺言書
の特別な形で、相続財産は残された配偶者に帰属し、当面子供は遺産
相続から排除されます。重要なことは法的な緻密さに配慮することです。
このことはいわゆるパッチワークファミリーにとって特に重要です。
このような家庭で遺言書が存在しない、または存在するが法的な要件を
満たしていない場合は、望ましくない状況を引き起こしかねません。

相続法: 実施可能な法的
コンセプトの実現

相続法の領域には当然事業承継も含まれます。当事務所はクライアントと共に戦略的に
意味のある計画を策定します。その中心は出資持分の譲渡です。事業の収益力の源泉を
可能な限り維持するために将来の世代にも目を向け、クライアント自身だけでなく、
その事業や後継者を法的にも税務の観点からも保護するような実現可能な解決策を
提案し、クライアントの事後のチェックにも耐えうるような適切な判断の形成を確実に
いたします。当事務所のきめ細かな専門家のネットワークを利用して、相続税の計算、
非課税枠を利用した税務上有利な生前贈与のプランの策定等、税務の面でもサポート
いたします。企業がその承継の際に損害を受けることがあってはなりません。企業価値を
棄損しないために、早期の段階で専門的な遺言や定款を利用した事業承継のプランの策定
することが必要となります。そのような場合に専門知識や豊富な知識を有した弁護士の
助言を受けることが特に重要です。

家族法: 円満な解決を図る

家族法は相続法と密接に関連しています。当事務所は夫婦財産契約の作成や円満な
離婚のサポートをいたします。さらに、争いのある離婚や養育費に関する手続き、
子供の親権等について専門家を有しております。相続法に接続する分野として
遺留分減殺請求権の行使又は防御についてリーガルサービスを提供しています。
当事務所は夫婦間の合意のある離婚のケースで当事者の代理を務めた長年の経験が
あり、夫婦間のコミュニケーションや離婚裁判での訴訟代理の全てを引き受けます。
この枠組みの中で当事務所弁護士は財産分与や扶養費、子供の養育費の算定を行い、
さらには、子供の親権を取り巻くあらゆる問題についてクライアントの利益を擁護
します。子供の親権や面会交流権の問題は、経験上、頻繁にパートナー間の争いを
引き起こします。したがって、子供が争点になっているからこそ、離婚当事者は
専門的で経験のある専門家を頼るべきです。夫婦は基本的に時間的に子供に対して
同じ権利を有しています。最終的に離婚や別居の結果として、どちらが親権や面会
交流権を有することになるのかは家庭裁判所が判断します。当事務所はネット
ワークを利用し、クライアントの生活に必要不可欠な分野において家庭裁判所での
代理を行います。

遺留分侵害額請求権 行使と防御

誰を相続人として指定するか、どの相続人を相続から廃除するのか、誰もが基本的に自由に決定することができます。何故近親者を相続排除するのか理由付けする義務はありません。しかし相続廃除された法定相続人にも遺留分権が残ります。簡単に説明すると、法定
相続額の半分が請求額となり、被相続人の子供や配偶者又はパートナーに対して請求
することができます。当事務所は遺留分を計算し、遺留分減額請求権の行使又は不当な
要求の防御をサポートします。同様に、事業承継の際に生じる遺留分の放棄の問題等、
遺留分の問題が表面化するすべての局面について解決策を提案いたします。これに加えて、当事務所は相続裁判所又は一般民事裁判所でクライアントを相続に関する争いで成功に
導けるよう、遺言書無効確認の請求又はその防御においてサポートいたします。

ペータース法律事務所 ー 遺産相続専門弁護士

相続人が専門家の助言を必要とする場面は、家族内に争いがある場合に限りません。
遺言書が有効であるのか、そもそも誰が相続人となるのか明らかでない事例は珍しくありません。当事務所は遺産相続に関連する問題を解決いたします。

© 2020 PETERS Rechtsanwälte Partnerschaftsgesellschaft mbB | IMPRESSUM | DATENSCHUTZ | ERSTELLT VON RP DIGITAL SOLUTIONS

Scroll to Top