不動産法・建築法・賃貸借法

不動産法・建築法・賃貸借法 ペータース法律事務所

不動産業や建設業ではしばしば、事実的、法的、戦略的観点
からの問題を抱えた取引額の大きな事業が対象となります。
その際、経験豊富で問題解決に志向した専門家の存在が
望まれます。
不動産法及び建築法においては、土地取引に関する法律、
不動産売買とその資金調達、設計・請負契約等私法上の建築
関係法、建築基準関係法令、建築士法、公共調達法、事業用
及び居住用賃貸借法、区分所有法、不動産仲介法、加えて
ファシリティ・マネジメント等の関連する法的問題を取り扱っ
ています。ここでは、投資家、買主、売主、建築請負業者、
施工会社、不動産デベロッパー、プロジェクトマネージャー、
さらには建築士や建築設計事務所、不動産仲介業者や不動産
管理会社に対してもリーガルサービスを提供しています。

不動産法

当事務所の強みは、不動産取引、土地売買契約のすべての類型、不動産の購入及び売却、不動産開発、
不動産ファンド関連分野、事業用賃貸借の問題における法律相談及びサポートです。これに加え、
ドイツ全土の裁判所や仲裁手続に対応した訴訟や紛争の解決も取り扱っています。

不動産取引

国内及び国際的な不動産ファンドや投資家達にとって、ドイツは依然として
その投資対象として関心の中心にあります。これに関して当事務所では、
不動産法の観点からの事前評価(デューデリジェンス)から、不動産取引に
かかる公正証書の準備やドラフト作成、さらには不動産の保全や強制執行に
至るまで、あらゆる不動産売買について戦略的・法的なアドバイスや
サポートを提供しております。

建築法・建築士法

建設計画を実行する上で、その各段階おける建築主及び工事施工者の両者、
プロジェクトマネージャーや不動産デベロッパー、さらには設計事務所に
対するリーガルアドバイスはその中核をなします。これには契約上の取り
決めや法律相談、並びに請求権や各種権利の保全やその行使を含みます。
当事務所は建設プロジェクトの計画からその完成に至る各段階でクライアント
をサポートします。

訴訟

当事務所は不動産法上の訴訟、とりわけ設計・請負契約等建築法の私法領域
や事業用及び居住用賃貸借法の分野で対応しています。建築法関連の訴訟の
特徴やその戦略、鑑定人や建築士、設計事務所の指定及びその適切な範囲に
ついて当事務所弁護士は熟知しております。建築士やエンジニアには、その
報酬の決定だけでなく、法的責任、著作権、その業務に関して特別な規則が
適用されます。これに関連した契約の取り決めや権利、請求権の行使について
当事務所はリーガルサービスを提供します。

当事務所弁護士が能力と実行力を最大限に生かしてサポートすることをお約束します。

交渉力の高さにも納得のいく質の高いサービスを提供します。

© 2020 PETERS Rechtsanwälte Partnerschaftsgesellschaft mbB | IMPRESSUM | DATENSCHUTZ | ERSTELLT VON RP DIGITAL SOLUTIONS

Scroll to Top