弁護士紹介

dr wolfgang p j peters

Dr.ヴォルフガング P.J.ペータース会社法 相続法 刑法

Dr.ヴォルフガングP.J.ペータース (1963年 生まれ) は、1992年の弁護士登録以降、 ケルンとデュッセルドルフの企業法専門 法律事務所で経験を積み、2000年に 今日のペータース法律事務所を設立。

joerg stelzer

ヨルグ・シュテルツァー商法及び会社法専門弁護士

ヨルグ・シュテルツァー (1974年生まれ) は、 2003年より弁護士として活動。商法及び 会社法の専門弁護士として、一般経済法の他、 会社法における法務サポートを行う。

dr juergen einbeck

Dr.ユルゲン・アインベック建設法 不動産法 賃貸法

Dr.ユルゲン・アインベックは、ドイツ大手 不動産関連法律事務所にて弁護士及び パートナーとして経験を積み、2012年に ペータース法律事務所不動産部門部長に 就任。ドイツ全土で多くの大型建設及び 不動産プロジェクトのアドバイザーを務める。

niesert burkhard

ブルクハルト・ニーザート事業再生・破産法 会社法及びM&A

1995年の弁護士登録以降、破産管財人 専門法律事務所に所属し、多くの破産案件を 管財人として扱い、その後国際大手法律 事務所とデュッセルドルフの中堅法律事務所 在籍を経て2017年11月1日に ペータース法律事務所に入社。

hartnigk andreas

アンドレアス・ハートニック不動産法 建設法

アンドレアス・ハートニックは、長年に 渡り中小企業や個人の民法関連案件の サポートを提供。不動産及び建設法と プロジェクト開発の分野において専門 知識を有する。

geiger ralph

ラルフ・ガイガー会社法及びM&A 企業再生 破産法

ラルフ・ガイガー(1975年生まれ)は、 2004年より弁護士として活動。主に、 会社法及び企業再生、国内外でのM&A 取引における法務サポートを提供。

gerhard stelzer

ゲルハルト・シュテルツァー労働法専門弁護士

法務相談並びに労働法上権利と利益の 履行に重点を置く。ドイツ連邦労働 裁判所を含むドイツ全土の労働裁判所を 対象に、クライアントの訴訟代理人として活動。

irvin stahl

アーヴィン・シュタール労働法及び道路交通法専門弁護士

アーヴィン・シュタール(1974生まれ)は、 アメリカ合衆国メリーランド州プリンス ジョージ郡の巡回裁判所、また、現地の 大手法律事務所で経験を積んだ後、 2004年よりMannesmann Röhrenwerke AGの 法務部に務めた。

richard masamitsu scheiffele

リヒャルト・正光・シャイフェレジャパン・アジアデスク部長

リヒャルト・正光・シャイフェレ (1974年 生まれ) は、日本に育ち、独日の親を 持つ。ドイツ弁護士としてドイツ、 日本とオランダの大手または中堅の国際 法律事務所にて取得した、国際法務の 実務経験を活かした法務サービスを提供する。

dettloff schwerdtfeger

デトロフ・シュヴェルトフェーガー労働法

デトロフ・シュヴェルトフェガーは、 全国的に認知されている労働法専門 弁護士であり、ドイツ労働法及び国際 労働法におけるあらゆる分野で、 中小企業また大企業のクライエントへ 法務サポートを提供。

klaus brembach 1

クラウス・ブレンバッハ弁護士

クラウス・ブレンバッハは、ギーセン 及びミュンスターで法律を学び、1978年 より弁護士として活動。保険法、特に 物保険及び賠償責任保険法の分野で 豊富な専門知識を有する。

prof dr christoph fiedler

Dr.クリストフ・フィードラー 教授弁護士

Dr.クリストフ・フィードラー教授は、 表現の基本的権利と検閲の禁止に関する テーマにおいて博士号を取得し、ネット ワーク化された世界における表現の自由 に関するモノグラフやデジタル化と ヨーロッパ化の文脈におけるメディア法の 問題について本を出版。

thomas weinreich

トーマス・ヴァインライヒ賃貸借法 民法 労働法専門弁護士

トーマス・ヴァインライヒは、2013年 よりペータース法律事務所の弁護士を 務め、個人クライアント部門を担当。 主に、個人や中小企業、特に非営利 団体における社会福祉法及び労働法の 問題に関して法務サポートを行う。

christopher gensior

クリストファー・ ゲンジオール建設法及び建築法専門弁護士

クリストファー・ゲンジオール(1982年 生まれ)は、2013年より建設法を専門 とする中堅の法律事務所に務め、 数多くの経験を積む。

caren baumbach

カレン・バウムバッハ弁護士

カレン・バウムバッハ (1971年生まれ ) は、 主に刑法及び家族法を扱う。

stelzer patricia

パトリツィア・シュテルツァー弁護士、講師、フリージャーナリスト

パトリツィア・シュテルツァーは、 1998年より独立弁護士として デュッセルドルフを活動拠点とする。 焦点を一般民事に当て、契約法、 特に国際的な商業契約及び一般 約款作成などにおいてサポートする。 ギリシャにルーツを持ち、英語と フランス語の他にもギリシャ語でも対応 可能。

schneider benedict

ベネディクト・シュナイダー会社法、M&A

ベネディクト・シュナイダー(1989年 生まれ)は、2018年より弁護士 として活動。会社法の分野における アドバイスとサポート、また、M&A 企業取引におけるサポートに 重点を置く。訴訟代理にも対応。

strecker philipp

フィリップ・シュトレッカーコンプライアンス データ保護法

フィリップ・シュトレッカー(1984年 生まれ)は、銀行法及び資本投資法 専門法律事務所にて勤務し、 長年に渡る職業経験をもって現在も 主に民事案件についてクライアントへ サポートを提供。

katina gebert

カティーナ・ゲーバート 労働法

カティーナ・ゲーバート(1988年、ハンブルグ生まれ)は2018年に弁護士登録。2020年よりペータース法律事務所に勤務し、個人労働法・集団労働法のあらゆる問題について法務サポートを行う。法廷内外でクライアントを代理。 カティーナ・ゲーバートは、デュッセルドルフの経済法または医療関連法を重点とした法律事務所で専門的な経験を培い、現在に至る。

peters ra dieter rymann

ディーター・リューマン建設法 不動産法

ディーター・リューマンのキャリアは、 信託公社の法務部に始まり、その後継 組織、そしてベルリンのKfWドイツ復興 金融公庫と続く。その後、協同組合金融 連合の特別機関に勤務し、「不良債権」 及び「不動産」の分野を担当。 中堅の機械製造会社で代表取締役会の 一員を務め「法務及び人事」を担当した。 2018年2月よりペータース法律事務所 にて勤務。

anja danger

Dr.アンヤ・ダンガー商法 販売法

Dr.アンヤ・ダンガー弁護士は、主に商法 及び販売店・代理店法契約の作成や問題 についてクライアントのサポートを行う。 大型裁判の訴訟代理人としても活動する。

prof dr jutta lommatzsch 1

Dr.ユッタ・ロマッチュ 教授オブ・カウンセル — 運輸法 会社法

Dr.ユッタ・ロマッチュは、デュッセルドルフ大学でDr. Ulrich Noack教授率いる民法・商法・経済法講座及び同大学知的財産研究センターにおいて法学研究者として務めた。

© 2020 PETERS Rechtsanwälte Partnerschaftsgesellschaft mbB | IMPRESSUM | DATENSCHUTZ | ERSTELLT VON RP DIGITAL SOLUTIONS

Scroll to Top