会社法

会社法 デュッセルドルフ
ペータース法律事務所

貴社にとって適切なビジネスパートナーをお探しですか。会社形態や
定款は適切ですか。社員間の争い、社員の加入や事業譲渡に際して
生じる争訟には何が適用されますか。
会社法は、民法上の組合(GbRやBGB-Gesellschaft)やその他組合、合名
会社や合資会社等の人的会社や有限会社(GmbH)や株式会社(AG)の
法人について規定しています。定款と連携して、会社法は社員総会招集
手続に関する規定に代表されるように、多くの場合非常に形式的な手続き
を定めています。当事務所はこれに関するリーガルサービスや社員権の
行使をめぐるドイツの裁判所での法律上の争訟に対処いたします。また、
事業承継や企業買収、持分譲渡、さらには事業再生や危機的状況に
際してリーガルサービスを提供いたします。

家族経営企業

ドイツ企業の90%以上が家族経営です。企業内部または外部の事業承継を
通し、相続法上の規制を制御し適切に適用することは当事務所の中心業務の
一つです。相続の分野でよく言われることは、必要な経験、精神的強さ、
そして十分な冷静さが必要となることです。当事務所はこれらをもって、
緊迫した状況においても社外の専門家として複雑な事象を取り込み、
これを重要な部分にのみ絞り込みます。

訴訟

社員・株主等の出資者間の争訟にあたっては、形式や実質的な要件を定める
会社法だけでなく、訴訟の追行や訴訟戦略についての深い知識が要求されます。
この点に当事務所弁護士の特別な強みがあります。

経営危機・事業整理

企業が経営危機に陥る原因は様々です。不正行為や経営判断の誤りだけでは
なく、不運に見舞われることにより順調だった企業経営が立ち行かなくなる
こともあります。このような状況に陥った場合、迅速でありながら思慮深く
経験に裏付けされた対応を取れるか否か、企業にとって大きな課題となります。
企業がもう一度事業を軌道に乗せることができるか、それとも破産が事業整理
への適切な手段となるかが問題となります。

トランザクション

秘密保持契約や意向表明書(レターオブインテント)、デューデリジェンス
(リーガル、コンプライアンス、HR)、売買契約(アセットディール又は
シェアディール)等、企業買収に関連するあらゆる法的問題について
サポートいたします。また、当事務所は企業経営者の意思決定の際の
相談役であるとともに、我々の充実したネットワークを活かし、特に投資、
バンキング、保険、税務等の分野で適切なパートナーの紹介も可能です。

コンプライアンス・

事業譲渡や企業買収のプロセスに際して、対象企業の過去情報及び将来の展開を
分析します。対象企業の事業特性を踏まえた上で、法的または経済的なリスクが
識別されていますか。情報伝達、社員教育、コントロールの仕組み等、
効果的なコンプライアンス・マネジメントシステムが構築されていますか。

当事務所のサービス

  • 定款の作成及び変更
  • 事業承継も含むファミリー企業のサポート
  • 会社法関連争訟及び法律相談
  • 経営危機・破産法についての法律相談
  • トランザクションのサポート
  • デューデリジェンス、特にコンプライアンス・デューデリジェンス

時間の有効活用

会社法は経営活動の中核に該当し、継続的な経済活動の基礎となります。
したがって、適切に会社の基礎を築き、変化する企業環境に合わせ適宜
これをアップデートすることが重要です。事業を適切なタイミングで整然と
承継させるか譲渡することにより、創出した価値を保持できます。

法的なサポートが必要ですか。

ご連絡お待ちしています。

© 2020 PETERS Rechtsanwälte Partnerschaftsgesellschaft mbB | IMPRESSUM | DATENSCHUTZ | ERSTELLT VON RP DIGITAL SOLUTIONS

Scroll to Top