コンプライアンス

コンプライアンス ペータース法律事務所

労働法、カルテル法、競争法、販売・代理店法、商法、租税法、会社法
など、様々な欧州の法令は企業にとって密接に関連するフレームワーク
を構成します。さらに、従業員や経営者の行動を規定し、企業価値の
向上に資する社内規定がこれに加わります。コンプライアンスは、
これら法的に重要な様々な規則を遵守するための体制を構築するための
ものです。このことは既に独自のコンプライアンス部門を社内に設置
している大企業のみならず、ドイツの中小企業すべてに当てはまります。
なぜなら適切なコンプライアンス・マネジメントシステムが構築されて
いない場合、民事上の立証責任を果たすことが困難になり、さらに民事
又は刑事で役員の個人責任が問われる恐れがあるためです。

コンプライアンス・マネジメントシステム

コンプライアンス・システムの最小限の要求事項を充足することの意義は、個人責任の発生を防止すること
のみにとどまりません。大企業は取引先の選定について自らに厳格な基準を課しており、取引先が確立
したコンプライアンス・マネジメントシステムを有している場合にのみ契約を締結するという実務が
近年一般的になりつつあります。このようなシステムは通常、適切な企業方針、コンプライアンス体制、
情報伝達、社員教育並びに情報更新や最適な保険による保護により構築されます。

コンプライアンス・デューデリジェンス

企業買収の過程で実施されるコンプライアンス・デューデリジェンスでは、
対象企業特有の法的及び経済的リスクが識別されているか、そしてこれに
関する情報伝達や社内教育、内部統制の仕組みが構築されているかという
点にフォーカスされます。この際、購買・販売業務、さらには会計
プロセスにおいて典型的に生じる不正やカルテル法違反又は詐欺、横領に
関連する問題に調査は集中します。

当事務所のサービス

  • 企業方針の策定
  • コンプライアンス体制の構築
  • 定期的なアップデートを伴う情報伝達や社内教育の実施
  • 社外コンプライアンス顧問就任
  • 社内コンプライアンス部門への法律相談

中小企業のための コンプライアンス

ドイツ中小企業はコンプライアンスを徹底し、コンプライアンス・マネジメント
システムの最低限の要求事項を満たした組織を構築することの必要性を理解
しています。これら要求事項を充足するため、当事務所は多岐にわたる専門
分野を長年のパートナーと共にカバーし、コスト面も考慮したサービスを提供
いたします。個々のコンプライアンス上のリスクを識別し、システマティック
に不正行為を防止し、法令違反に伴う不都合な帰結を回避します。

当事務所の理解する「コンプライアンス」とは、クライアント目線で専門家として適切なアドバイスを提供することです。

当事務所弁護士が能力と実行力を最大限に生かしてサポートすることをお約束します。

© 2020 PETERS Rechtsanwälte Partnerschaftsgesellschaft mbB | IMPRESSUM | DATENSCHUTZ | ERSTELLT VON RP DIGITAL SOLUTIONS

Scroll to Top